アルミホイルの音が嫌いな原因とは?症状の名前や治療法はあるの?

小ネタ

自分にとって苦手な音を聴くと、背筋がゾッとしたり鳥肌が立ったりしませんか?

よく例が挙げられるものとすれば、黒板をひっかく音やアルミホイルの擦れる音です。

皆さんも、想像するだけで不快になるかと思います。

(といいつつ、こんな記事を書いて申し訳ありません・・・(汗))

アルミホイルの音が嫌いだと感じるのには、ある理由がありました。

また、それを直す方法があるのか調べることにしました。

スポンサーリンク

アルミホイルの音が嫌いな理由は周波数?

アルミホイルの音が苦手と感じる人がいる理由は、大きく分けて2つあります。

  • 音の周波数や音質が苦手
  • 音や感触などの過去の経験

理由①音の周波数や音質が苦手

1つは、音の周波数や音質が苦手な場合です。

アルミホイルの音は、高音域の「キーン」という音が特徴です。

この音は、人間の耳に不快感を与えやすい周波数帯域に位置しています。

また、アルミホイルは薄く柔らかい素材なので、摩擦による音が大きく、

その音質も耳障りに感じる人が多いようです。

理由②音や感触などの過去の経験

もう1つは、音や感触などの過去の経験が影響している場合です。

アルミホイルの音を聞いたときに、過去に不快な経験を思い出し、

それが嫌な気持ちにつながることがあります。

例えば、アルミホイルの音を聞いたときに、怪我をしたり怖い思いをしたりした記憶が蘇ると、

その音が苦手になってしまうことがあります。

また、アルミホイルの触り心地が苦手な人の場合も、

その感触を思い出して苦手な気持ちになることがあります。

具体的には、以下のような経験が影響していると考えられます。

  • アルミホイルを口に入れて、金属の味が嫌だった
  • アルミホイルで怪我をした
  • アルミホイルの音を聞いて、雷や地震の音を思い出した
  • アルミホイルの触り心地が、ゴミや虫の触り心地に似ていると感じた

アルミホイルなどの音が苦手な症状「ミソフォニア」

アルミホイルの音自体に名称はありません。

一般的には「キーン」という音と表現されます。

アルミホイルが苦手な症状には、「ミソフォニア」という名称があります。

ミソフォニアは、特定の音や音の組み合わせを不快に感じる症状です。

アルミホイルの音も、ミソフォニアの症状の1つとして挙げられることがあります。

ミソフォニアの原因は完全には解明されていませんが、

脳の音の処理や感情の処理に関わる部分の異常が関係していると考えられています。

また、過去の経験やトラウマも影響している可能性も指摘されています。

ミソフォニアの該当例

ミソフォニアの例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 咀嚼音(クチャクチャ音、ズルズル音など)
  • 咳払い音
  • 足音
  • キーボードを叩く音
  • ペンをカチカチ鳴らす音
  • 指を鳴らす音
  • 紙をめくる音
  • マウスをクリックする音
  • セキ払いの音
  • 鼻をかむ音
  • 口を大きく開けて話す音
  • 息をする音

これらの音は、一般的には不快に感じるものではありませんが、

ミソフォニアの人は、これらの音を聞いたときに、

強い不快感や嫌悪感、イライラ、怒りなどの感情を抱くことがあります。

また、これらの音にさらされると、頭痛や吐き気、動悸などの身体症状を訴える人もいます。

ミソフォニアの人が取る行動

ミソフォニアの人は、これらの音を避けるために、以下のような行動をとることがあります。

  • イヤホンやヘッドホンで音を遮断する
  • 人混みを避ける
  • 食事を一人で食べる
  • 仕事中に耳栓を使う

ミソフォニアは、周囲の人から理解されづらい症状であるため、

当事者は孤独感や苦痛を感じていることがあります。

また、ミソフォニアの症状が重い場合、日常生活や仕事に支障をきたすこともあります。

ミソフォニアの治療法はあるの?

ミソフォニアの治し方は、まだ確立されていません。

しかし、以下のような治療法が効果的であるという報告があります。

  • 認知行動療法
  • 薬物療法
  • 音響療法

治療法①認知行動療法

認知行動療法は、ミソフォニアの原因となっている考え方や行動を修正する治療法です。

例えば、トリガー音を無条件に不快に感じるのではなく、

条件反射によって不快に感じていることを理解し、その反応を抑制する方法などを学びます。

治療法②薬物療法

薬物療法は、その名のとおり投薬による症状の改善を図ります。

実は抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法が、

ミソフォニアの症状を軽減する効果があるという報告があるようです。

治療法③音響療法

音響療法は、音に慣れることで症状を緩和させることが目的です。

トリガー音を徐々に聞き慣らしていくことで、不快感を軽減する効果があるという報告があります。

これらの治療法は、症状の程度や個人差によって効果が異なるため、

医師や臨床心理士などの専門家に相談して、自分に合った治療法を選択することが大切です。

スポンサーリンク

ミソフォニアの症状を和らげながら日常生活を送ろう

アルミホイルの擦れる音自体に名前は無いようですが、

音に対して不快に感じる症状として「ミソフォニア」という名前があることが分かりました。

ミソフォニアは、日常生活のあらゆる音に対して不快に感じる症状です。

ミソフォニアの症状を和らげるために、以下のような日常生活の工夫をすることもできます。

  • トリガー音を避ける
  • イヤホンやヘッドホン、耳栓などで音を遮断する
  • リラックスできる音楽や環境音を聴く
  • 深呼吸や瞑想などのリラックス法を実践する

ミソフォニアは、周囲の人から理解されづらい症状ですが、

適切な治療や対処法によって、症状を軽減したり、

日常生活に支障をきたさないようにしたりすることは可能です。

医療機関に相談したり、できるだけ苦手な音を耳にしないように工夫したりしながら、

過ごしやすい日常生活に近づくことを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました